ペニス増大手術について
Yahoo!やgoogleなどで"ペニス増大"で検索すると、まず目にするのが「○○クリニック」や「○○美容外科」のホームページです。

要は『ペニスを大きくする手術』のホームページですが、それらをよく見てみると、手術以外ではペニスは大きくならないとか、他のペニス増大法は無駄だとか、いやはやいろんなことが書かれています。

私はそれを見て「まあ、商売だから仕方ないか…」と、あきれて見ているのですが…

でも、知っていましたか?
「勃起時のペニスを大きく(長く)する手術法は、今だに存在しない」という事実を。

●ペニス増大手術の一例
・ペニス長茎術
体内に埋もれたペニスのじん帯を切断して引き出す手術。
2〜5cm程度の増大が可能だそうだが、しかしこの長茎術は"平常時の長さのみ"を大きくするためのものなので、実は勃起時の長さはほとんど変わらない。
手術費用250,000円

・陰茎増大術
脂肪(本人の身体から採取したもの)やコラーゲン,アクアミドなどの物質を「ペニスのサオの部分」に注入して、ペニスを太くする増大法。
手術費用350,000円

・亀頭増大術
亀頭に「脂肪,コラーゲン,ヒアルロン酸,アクアミド,ダーマライブ」などの物質を注入して大きくする、亀頭増大術。
手術費用100,000円〜

(ここで紹介した手術の治療費はあくまでも一例であり、実際には手術内容、クリニックによってかなりの差があります。
中には2倍以上違うこともあります)

ペニスを長くする手術法としてメジャーな「ペニス長茎術」は、実は"非勃起時のペニス"の長さを増大するもので、勃起時のペニスの大きさはほとんど変わらないと言われております。
(それらのホームページをよ〜く見てみると「これは平常時のペニスを大きくする手術法です」と小さく書いてある(ところもある)はずです)

つまり「ペニス長茎術」は、見た目の大きさしか改善できない手術法なんですが「でも平常時の大きさだけが変わって何が満足なのか?」と疑問を持つ方もいるかもしれませんが、例えば「銭湯などで見られても恥ずかしくない」などの精神的な効果もありますし、そういうお悩みを持ってる方もいらっしゃるということです。

ということでつまり…
勃起時のペニスを長くする手術法は「今だに存在しない」ということになります。

脂肪やコラーゲンなどを注入してサオを太くしたり亀頭を大きくしたりする「陰茎増大術」や「亀頭増大術」では、注入された物質は月日が経つと徐々に身体に吸収されていくので、その大きさを保つためには、数ケ月〜数年ごとに何度も注入しなければならないと言われております。

最近では「ダーマライブ」等の"簡単に吸収されにくい物質"もあるそうなんですが、予期せぬ合併症などを起こす危険性があったりとまだ安全性がきちんと確立されていなく、不安な要素がまだとても多いのが事実です。

「実際にこういう結果になって一生後遺症に悩んでおられる方もありますので、非吸収性の物質の注入はしてはいけないと思います。」

こんな風にはっきりと言っている、正直で良心的なクリニックの医師もいるほどです。

怪しげなクリニックは、世の中に腐るほどあります。
そこに行ったら、ヘタクソな手術でペニスはひどい目に遭った上に、さらにぼったくられるのがオチです。

一度失敗してしまったら、もう二度と元のペニスには戻れません。

ですから、あなたがもし手術を検討しているのであれば「どんな手術があるのか?どんな効果があるのか?安全性は?本物の体験者の声は?」などを事前に徹底的に調べてから臨んでください。

そして調べた結果、覚悟を決め、それでも「する!」と決めたのなら、絶対に信用のあるクリニックでおこなってください。

値段は高くても…信用のあるクリニックでおこなってください。
これは絶対です…絶対に値段の安さで決めてはいけません。

手術の結果は、医師の腕に掛かっている部分が非常に大きいので、クリニック選びが非常に重要になってきます。

これも、体験者の話やクリニックの評判などを事前にきっちりチェックしておくことが重要です。

ただ、ネット上にある(本当かどうかわからないような)情報だけで判断するのは非常に危険なことかもしれませんので、信頼できる人間、または情報を探すのがもっとも大切な点かもしれませんが。

次へ
ペニス増大の真実HOME