●アンドロ3つの問題点
アンドロペニスを何ケ月間か装着し続けてきて、思うような成果を得られた方もいると思いますが、中には「毎日にちゃんと着けているのに一向にペニスは伸びる気配がない」という方もいるかもしれません。

そういう方はおそらく「引っ張る力が足りない(弱い)か、期間がまだ足りないか、またはその両方か」だと思いますが、でも、しっかり引っ張っていて、期間も3ケ月〜半年以上装着しているのに、1センチかそれ以下しか大きくならない…という方は、かなり問題かもしれません。

その器具での増大はもう限界か、またはあなたの体質に合っていない可能性も考えられます。
自分自身で、どう感じますか?

アンドロペニスの一番の問題点を挙げるとすると「力が弱すぎる」ということが挙げられると思います。

シリコンチューブでカリ下を巻きつけて引っ張るしくみですが、デリケートな亀頭下を締め付けて強く引っ張れば、やはりかなりの"痛み"が走ると思います。

でも例えば…「親指と人差し指」でカリ下を締めて強く引っ張ってみてください。
アンドロペニスよりずっと強く引っ張っているのに、あまり痛くないはずです。

「でもアンドロペニスだって負けないぞ!」と言って、頑張って相当な強さで引っ張ったとしても、耐えられないほどの激痛に襲われるか、または器具が壊れてしまうでしょう。

アンドロペニスは「細いシリコンチューブで亀頭下を引っ張る」という仕組みなため「弱い力でしか引っ張れない」という構造的宿命を持っています。

ですからいくら長時間引っ張っていると言っても、所詮「力が弱すぎ」なため、1センチや2センチ程度の増大までに「半年〜1年」という膨大な期間が掛かったり、または「ほとんど増大しなかった」という結果に終わってしまう事が多いのです。

そしてもう一つ「ただ引っ張るだけ」という問題点。

アンドロペニスは「ペニスを引っ張って伸ばす」のが仕事。
でも言ってみれば「ペニスをただ引っ張っているだけ」でしかありません。

実は、ペニスを増大成長させるためには"3つの重要な要素"があります。

アンドロペニスのように「ペニス(細胞組織)を引っ張ること」がそのうちの一つなんですが、しかしそれは、その「3つの要素のうちの一つ」という事に過ぎず、ペニスを大きく増大成長させるためには、他の2つの要素も大きく関係しています。
(これ以上はここでは言えないのが残念ですが)

ペニスは(アンドロペニスのように)引っ張ることで、ペニス細胞組織自体を伸ばすので確かに少しずつ長くなりますが、しかしこれだけでは、簡単に言うと「ただのひょろ長いペニス」になってしまいます。
まったく力強さのない。

「別に何でもいから、少しでも長くなればそれで満足」という方には全然問題ないのですが、でも「ペニスを大きく増大成長」させたいのでしたら、それだけでは正直言って片手落ち、それどころか"片手片足落ち"と言わざるを得ません。

つまり「ペニスをただ引っ張って伸ばす」のと「ペニスを増大成長させる」のとは、まったく違うということです。

最後にもう一つ「ペニスが増大成長しやすい環境を無視している」

例えば、ボディービルダーなどのように筋肉を大きくしたい人は、当然筋トレをしますが、しかし「ただ筋トレしているだけ」では、実は筋肉はあまり大きくなりません。

筋肉を大きくするためには、正しいトレーニング法はもちろんのこと、筋肉が成長しやすい身体環境づくり、トレーニング前のウォーミングアップ、栄養や睡眠などがとても大切で、それが筋肉の増強を大きく左右します。

だからボディービルダーの人たちは、正しいトレーニング方法はもちろんのこと、それ以外の要素も「トレーニングと同等かそれ以上」に重要視しますが、それは
『ただやみくもに筋トレをしても、筋肉は疲労するばかりであまり大きくならない』
という事を十分知っているからです。

筋肉の増大じゃなく「ペニスの増大」だって基本は同じです。

土台の部分を無視して「ペニスを引っ張ったり…」とかだけを適当にやっていても、ペニスの増大効果は激減します。

でも逆に言うと、それら"土台"をしっかり理解した上でトレーニングを行なえば、ペニス増大効果は倍になると言った方が正しいかもしれません。

ですから、例えば「アンドロペニスで今一つ効果が感じられない」という方は、もしかしたらそういった土台の部分を理解することで、ペニスの状態がよくなり、成長しやすい状態になりペニスは急激に成長するかもしれませんので、だから、効果が感じられないからといって捨てるのはもったないですよ。
4万円が…

⇒でもアンドロはきっつい…
ペニス増大の真実HOME